市販の日用品、食べ物、飲み物は妊娠中の方が使ったり摂取したりしても大丈夫なのでしょうか。

また、赤ちゃんがいるご家庭で、市販の日用品、食べ物、飲み物は使ったり、赤ちゃんに与えても大丈夫なのでしょうか。

日本国内で販売されているほとんどの日用品、食べ物、飲み物は危険性の高い化学物質、食品添加物が使われています。

異常な除菌ブーム、消臭ブームが生んだ毒ガス除菌剤。

毒性化学物質、合成界面活性剤を部屋中に散布するファブリーズやリセッシュ。

逃げ場のない危険な化学物質や合成界面活性剤まみれの生活が日本では当たり前になっています。

それは赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。

合成界面活性剤の影響は、皮膚障害、タンパク変性作用、殺精子作用、酸素活性阻止作用、溶血作用、発がん性、催奇形性、妊娠率低下、肝臓障害、アレルギー・アトピー性皮膚炎などと言われています。

日本は奇形の赤ちゃんが世界でトップクラスに多い国です。

その原因は合成界面活性剤、化学物質とも言われています。

子宮内に合成界面活性剤がたまってしまうと排泄をすることが難しく、子宮の中が洗剤のような
環境になってしまい
、その中で育つ赤ちゃんに当然悪影響を与えます。

子宮の中に多量の合成界面活性剤がたまっていたお母さんから生まれた子はアトピー持ちという可能性も高いようです。

市販の歯磨き粉は危険な化学物質が舌下から吸収され脳に溜まってしまいます。

子供用歯磨き粉には有害な合成界面活性剤、化学物質、合成着色料が使われています。

また詐欺に近いトクホ(特定保健用食品)。

乱用される合成甘味料。

異常な乳酸菌ブーム。

恐怖のノンアルコールビールやカクテル。

奇形の子供が生まれるリスクが高まる輸入かんきつ類の防カビ剤。

有害な食品添加物への高い依存を招く、清涼飲料水、炭酸飲料、カップラーメン、コンビニ弁当、コンビニおにぎり、コンビニパン。

「虫も食べない」「食べるプラスチック」と言われるマーガリン。

危険な食品添加物がたくさん入った栄養ドリンク。

食品添加物を塊にしたウインナーソーセージ、魚肉ソーセージ、ベーコン、ハム。

体を冷やし、太らせる小麦粉。

体に良い」と言いながら、せっせと体内のカルシウムを溶かしてしまう牛乳。

着色料まみれのお菓子・・・。

このサイトは、元気な日本のお父さんお母さんに元気な赤ちゃんを授かってほしいという想いと、たくさんの人に健康に暮らしてほしいという想いから、情報を提供していきます。

カテゴリー

除菌できそうだけど・・・
除菌殺菌スプレーやジェル、空気清浄機が売られています。赤ちゃんのアレルギー・アトピー、ぬいぐるみ除菌、インフルエンザ、ノロウイルス、カビ、ダニ、ウイルス、ピロリ菌対策にファブリーズやリセッシュもありますが、危険性が高いです
汗を抑えるけど・・・
制汗剤スプレー、殺菌消臭シートなどが売られていて、エイトフォー、シーブリーズ、リフレア、ギャッツビー、デオナチュレなどありますが、効果がなく、発がん性など副作用があり、体に悪いです。無香料、無添加でも同じく健康被害が出ることがあります。
体に良さそうだけど・・・
健康食品には通販サプリメント、医薬部外品、健康補助食品、トクホ、ヨーグルト、ヤクルト、ダイエット食品などありますが、有効性・効果がなく安全性に乏しい、危険性・副作用がある詐欺のような商品もあります。広告・口コミ・評判にも注意しましょう。
トクホだけど・・・
トクホ(特定保健用食品)はお茶、ビール、栄養ドリンク、コーラ等炭酸飲料、清涼飲料水、乳酸菌飲料、ヨーグルトなどあり健康効果やダイエットに良さそうですが、効果がなく、有害添加物、発がん性物質が使われていて健康被害をもたらすものがあります。
元気が出そうだけど・・・
栄養ドリンクなどは肉体疲労時、風邪、インフルエンザの時など、アルギニンやタウリンの効果で元気が出そうですが、添加物が多く、アレルギー、うつ、健康被害など体に悪い副作用があり、妊娠中、授乳中の過剰摂取は悪影響です。
飲みたくなるけど・・・
妊娠中にアルコールやノンアルコールビール・カクテルを飲みたくなることもあるでしょうが、妊娠初期や授乳中は赤ちゃんにアレルギーなどの悪影響が出ることがあります。飲み過ぎは健康被害もあり、デメリット、リスクがあります。
かなり危険・・・
合成界面活性剤など石油系の毒性化学物質はシャンプー、化粧品、洗剤などに使われ、妊婦、妊娠中は赤ちゃんのアトピー、アレルギー、花粉症、奇形の危険性があります。化学物質過敏症とも言われ、うつや健康障害を引き起こすデメリットがあります
注意!
危険度は小さいのですが、あまり使用をしない方がいい食品や洗剤などの日用品を挙げていきます。
危険な依存性・・・
清涼飲料水、炭酸飲料、コンビニ弁当、コンビニおにぎり、コンビニパンなどは大量の食品添加物が使われており、ずっと摂り続けると肥満、糖尿病、うつ、がんなど健康障害を引き起こします。赤ちゃんを妊娠中、妊婦さん、授乳中の接種も控えましょう。
よく口にするけど・・・
毎日の食事でよく口にする市販の食品にも危険な食品添加物が使われており、特に赤ちゃんを妊娠中、妊婦さん、授乳中や、幼児や子供に与え続けると健康被害、アレルギー、アトピー、花粉症の原因になると言われています。
きれいになりそうだけど・・・
化粧品は女性に欠かせませんが、妊娠中、妊婦、授乳中、赤ちゃん、新生児、幼児、子供への危険性を紹介します。アトピー、アレルギー、毒性、合成界面活性剤、発ガン性、肌荒れ、炎症、赤み、かぶれ、湿疹、かゆみ、ニキビなどの原因になるかもしれません。
保湿できそうだけど・・・
ボディオイル、ボディクリームのアトピー、湿疹、成分、低刺激、肌荒れ、デメリット、敏感肌、ベビーオイル、妊婦、赤ちゃん、乳児新生児、胎児、幼児子供、授乳中、アレルギー、効果効能、パラベンフリー、有害毒性、手荒れ、添加物、副作用の口コミ評判です。
パラベンフリーだけど・・・
パラベンフリー商品が良いわけではありません。妊娠中や赤ちゃん・新生児・乳児に使う商品は口コミを比較しましょう。有害成分で肌荒れ・湿疹・アレルギー・かぶれ・皮膚炎症になることも。ノンアルコール・ノンパラベンでも危険な防腐剤が使われていることも。
これは大丈夫
安全性が高く、危険性が低く、赤ちゃん、乳児、幼児、子供、妊娠中、妊婦、授乳中にも使える製品商品食品を紹介します。化学物質や食品添加物を使わず、アレルギーやアトピーでも安心な日用品などを真面目に作っている企業もあります。
妊娠中は危険
妊娠中は危険な化学物質や化学調味料などを紹介します。一般の方もあまり使用しない方がいいと思われますが、特に妊娠中の方は胎児に大きな影響の出る可能性もあります。これらは使用をできるだけ控えてほしいです。
赤ちゃん 名前
男の子、女の子の赤ちゃんや子供の名前を名付けするときの言霊、やまとことばです。ひらがなや漢字には意味があります。生年月日、占い、姓名判断、字画、画数などありますが、言葉の持つ力を名前にこめることができます。
学資保険にだまされないで・・・
赤ちゃん妊娠中や子供の学資保険の口コミ評判です。人気ランキング・おすすめ比較の罠に騙されてはいけません。満期金や途中解約金額の元本割れなどリスク・デメリットがあります。いつから月額・月々いくら積立保険料を貯金・貯蓄するか無料相談が必要です。
妊娠中に注意をしてほしいこと
コーヒーなどのカフェイン・アルコール・生肉・生魚・生卵。生野菜などは妊娠中に摂ってもいいのか。また妊娠中にお腹が張る・風邪をひいてしまった時の対処法なども紹介していきます。
お子さんに快適な暮らし
赤ちゃんやお子さんに快適な暮らしはどのようなものかを紹介します。衣食住どれをとっても小さいお子さんにしてはならないことが多々ありますので注意が必要です。