赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキングのTOPに戻る


パルエックス 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所でパルエックスを使っても大丈夫でしょうか。

パルエックスにはこのように書いてあります。

スプレーするだけで除菌と消臭が同時に可能

ウイルス・細菌を速やかに除去

便臭、尿臭、カビ臭、生ゴミなどの腐敗臭を瞬時に消臭
有効成分の二酸化塩素は食品添加物として認められています。

成分
二酸化塩素液、界面活性剤、シリコン系消泡剤

となっています。

二酸化塩素の安全性を疑問視する声もあります。

環境消毒に二酸化塩素ガスを使用することは毒性、効果などの点において勧められない。

二酸化塩素ガスか"眼や呼吸器系の粘膜を刺激して、咳嗽や喘息などの原因となる危険性がある。

また、汚れが付着した環境に対するカ"ス燻蒸法の消毒効果は弱い。

という声もあります。

また、二酸化塩素を含む商品を販売している会社によっては、乳幼児の近くでは使用をさけるべきと言っているところもあります。

二酸化塩素は第一次世界大戦中、毒ガス兵器として使われていた「塩素ガス」の4倍以上の毒性があります。

あまり使わない方が良さそうです。

また、界面活性剤も使われています。

そもそも「界面活性剤」とは水と油をくっつけるもので、自然界に存在するものだと石鹸が代表例です。

合成界面活性剤」は自然界に存在しない化学的に作った界面活性剤で、人体に悪影響のある非常に毒性の強いものもあります。

市販品に使われている合成界面活性剤、化学物質はほぼすべて危険と言っていいでしょう。

合成界面活性剤の影響は、皮膚障害、タンパク変性作用、殺精子作用、酸素活性阻止作用、溶血作用、発がん性、催奇形性、妊娠率低下、肝臓障害、アレルギー・アトピー性皮膚炎と言われています。

合成界面活性剤を使った除菌消臭商品を毎日家の中でしようすることは、合成界面活性剤を毎日吸い続けることになります。

商品を1回使ったくらいでは症状は現れませんが、長年使い続けることで体内に蓄積されていきます。

日本は奇形の赤ちゃんが世界でトップクラスに多い国で、その原因は合成界面活性剤、化学物質とも言われています。

合成界面活性剤は分子がとても小さく、人間の肌から体内に浸透していきます。

そして、浸透した合成界面活性剤は女性だと子宮にたまると言われています。

子宮内に合成界面活性剤がたまってしまうと排泄をすることが難しく、子宮の中が洗剤のような環境になってしまい、その中で育つ赤ちゃんに当然悪影響を与えます。

子宮の中に多量の合成界面活性剤がたまっていたお母さんから生まれた子はアトピー持ちという可能性もあるようです。

洗濯洗剤、食器用洗剤、ボディソープ、歯磨き粉なども合成界面活性剤が使われているものが多く、同じく子宮にたまってしまいます。

こうした界面活性剤は長年かけて子宮に蓄積されていくため、妊娠してから使用を辞めてもあまり効果がありません。

普段から合成界面活性剤の商品を使わないことや、子宮にたまった合成界面活性剤をデトックスして出すことが必要です。

また、こういった除菌スプレーをぬいぐるみやおもちゃに使用するのも避けた方がいいでしょう。

合成界面活性剤を赤ちゃんが直接さわったりなめたりしてしまう危険性があります。

このサイトでご紹介している通り、「国が認めた=安全」ではないのです。

なぜ諸外国では「危険」として使用が禁止されている成分や食品添加物が日本では使用されているのでしょうか。

国が認めたから大丈夫ということはありません。

昨今「除菌」が過度にブームになりすぎだと思います。

企業が「除菌」という目に見えない恐怖を売っていると言っても過言ではないかもしれません。

事実、私たちが子供の頃は、そんなに「除菌除菌」と騒いでいたでしょうか。

あまりに菌を遠ざけてしまうと、そもそもの免疫力の低下が心配です。

それでもどうしても除菌消臭殺菌が気になる場合は「安定型次亜塩素酸ナトリウム」の除菌消臭剤であれば無害です。
関連コンテンツ

ティポス除菌アルコールスプレー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所でティポス除菌アルコールスプレーを使っても大丈夫でしょうか。 「ティポス 除菌アルコールスプレー 380ml」は、エタノール濃度58%のキッチン用除菌剤です。 食品に使用・・・

パストリーゼ77 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる場所でパストリーゼ77を使っても大丈夫でしょうか。 パストリーゼ77にはこのように書いてあります。 「ドーバーパストリーゼ77」は、消防法認可による、完全自動生産を実現。 ・・・

ジェームズマーティンフレッシュサニタイザー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所でジェームズマーティンフレッシュサニタイザーを使っても大丈夫でしょうか。 ジェームズマーティンフレッシュサニタイザーにはこのように書かれています。 ウィルスなどへの対策や・・・

ジーツータム 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる場所でジーツータムを使っても大丈夫でしょうか。 ジーツータムにはこのように書いてあります。 G2TAM α プラスでノロウイルスの完全不活化に成功。 G2TAM ・・・

空間衛生除菌水プリジアプロスプレー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる場所で空間衛生除菌水プリジアプロスプレーを使っても大丈夫でしょうか。 空間衛生除菌水プリジアプロスプレーにはこのように書いてあります。 強力な除菌・消臭と安全性を併せ持っ・・・

キレイナノ除菌スプレー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる場所でキレイナノ除菌スプレーを使っても大丈夫でしょうか。 大豆から生まれた非アレルギータイプの洗浄除菌クリーナー おもちゃや哺乳瓶の除菌洗浄に オムツの消臭 ベビーカ・・・

バイオチャレンジ 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所でバイオチャレンジを使っても大丈夫でしょうか。 バイオチャレンジは「小動物飼養環境浄化剤」です。 バイオチャレンジにはこのように書いてあります。 浄化効果 ・・・

無香空間空気と布の消臭ミスト 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所で無香空間空気と布の消臭ミストを使っても大丈夫でしょうか。 無香空間空気と布の消臭ミストにはこのように書いてあります。 「無香空間 空気と布の消臭ミスト」は、香りを一・・・

トップハイジア 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所でトップハイジア消臭・芳香剤 除菌・消臭スプレーを使っても大丈夫でしょうか。 トップハイジア消臭・芳香剤 除菌・消臭スプレーにはこのように書かれています。 スプレーす・・・

デオインナー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる場所で防臭下着スプレーデオインナーを使っても大丈夫でしょうか。 防臭下着スプレーデオインナーにはこのように書いてあります。 下着にスプレーするだけ お出かけ前のス・・・

クレベリンスプレー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所でクレベリンスプレーを使っても大丈夫なのでしょうか。 クレベリンスプレーにはこのように書いてあります。 特許 濃度長期保持型 二酸化塩素分子のチカラ! 二酸化・・・

ハイジア除菌消臭スプレー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる場所でHYGIA除菌消臭スプレーを使っても大丈夫でしょうか。 HYGIA除菌消臭スプレーにはこのように書いてあります。 「除菌・消臭はもちろん、抗菌・抗カビ・ウイルス除去ま・・・

天使の水 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる家庭で「天使の水」を使っても大丈夫なのでしょうか。 「天使の水」は「ペット用消臭剤」として販売されています。 ペットと赤ちゃんがいるご家庭で天使の水を使うとどうなるのでし・・・

リセッシュ 赤ちゃん 危険 

赤ちゃんがいる家でリセッシュは使って大丈夫なのでしょうか。 「緑茶エキス配合」と言われるといかにも良さそうな感じがしますが、「ファブリーズはいらない」という本の中でもリセッシュの危険性が書かれ・・・

ファブリーズ 赤ちゃん 危険 

赤ちゃんがいる家庭でファブリーズを使っても大丈夫なのでしょうか。 「ファブリーズは毒の霧」と表現する人もいます。 商品の裏にはしっかりとした成分表示が書いてありません。 「トウ・・・

クレベリンゲル 赤ちゃん 危険

「クレベリンゲル」は大幸薬品が出している、除菌製品です。 空気中に浮遊するウイルスや細菌を除菌できると宣伝されています。 家の中のウイルスや細菌が原因となっている病気から家族を守ってく・・・

空間除菌エアドクター 赤ちゃん 危険

「空間除菌」は紀陽除虫菊が出している、除菌製品です。 空気中に浮遊するウイルスや細菌を除菌できるとCMで宣伝されています。 CMでは、家の中に「空間除菌」を置くと、ウイルスや細菌が原因と・・・

カビキラー 赤ちゃん 危険

赤ちゃんは色々なところを触るものです。 しかし、家の中には目に見えるカビ、目に見えないカビが存在しています。 赤ちゃんは色々なところを触った手を舐めることがあります。 手につい・・・

コモスイ 赤ちゃん 危険

赤ちゃんのいる場所でコモスイを使っても大丈夫でしょうか。 コモスイにはこのように書いてあります。 強力かつ、安全。従来の常識を完全にくつがえした、優れもの『除菌・消臭剤』。 そ・・・

ノロノットD速攻 赤ちゃん 危険

赤ちゃんがいる場所でノロノットD速攻を使っても大丈夫でしょうか。 ノロノットD速攻にはこのように書いてあります。 バリア型なので乾燥した後も抗菌効果が持続 99.999%の細菌・・・