赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキングのTOPに戻る


植物性乳酸菌ラブレ 妊娠中 危険 

植物性乳酸菌ラブレ」はいかにも体に良さそうな感じがします。

なぜか「植物性」と聞くと安心感がありますが、果たしてどうなのでしょうか。

カゴメのラブレは乳酸菌系の飲料として売られていますが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。

カゴメのホームページから「植物性乳酸菌ラブレLight」という商品を見てみると、『植物素材を中心に作った体にうれしい低カロリータイプの乳酸菌飲料』です。

高密度発酵製法」により素材の風味を活かしてさらにスッキリおいしくなりました。植物性乳酸菌ラブレで、キレイでイキイキとした毎日の健康をサポートします。

年齢とともに腸内のビフィズス菌などの善玉菌は減少していきます。

若々しく、健康でいるためにも、加齢と共に減ってしまう善玉菌は積極的に補うことが大切です。

乳酸菌には大きく分けて、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の2つの種類があります。

同じ乳酸菌でも、実は腸で生きぬくチカラに違いがあることをご存知でしたか?

栄養価の高い環境で育った動物性乳酸菌に比べ、植物性乳酸菌は塩分や酸分などが多い過酷な環境下で生きぬく力が強い乳酸菌です。

そのため、動物性乳酸菌と比べて、たくましい乳酸菌であると言われています。

胃酸などの消化液にも負けず、腸まで生きて届くことができるので、私たちの健康にとっても力強い働きが期待できるのです。

昔から日本人が食べてきた味噌、漬物などの伝統食は植物性乳酸菌の発酵を利用してつくられた食品です。

このように実は、植物性乳酸菌は日本人になじみ深く相性が良いと言われています。

しかし、近年の食生活の変化により、日本食を食べる機会が減ったため、これらの食品に含まれる「植物性乳酸菌」の摂取量も減少しています。

ラブレ菌」は腸での生残率も高い、美容と健康に役立つ植物性乳酸菌なのです。

原材料
りんご果汁、大豆飲料、乳製品、香料、安定剤(ペクチン)、酸味料、甘味料(スクラロース)』

と書いてあります。

植物性乳酸菌ラブレにも食品添加物が使われており、中には危険なものもあります。

ラブレに使われている危険な食品添加物を紹介します。

スクラロース

甘味料の一種です。

スクラロースは有機塩素化合物で、農薬やダイオキシンと同じです。

下痢、流産の可能性あり。

成長遅滞、赤血球減少、肝臓肥大・異常、卵巣収縮、甲状腺の衰え、脳肥大の影響。
アトピー、喘息、アレルギー、皮膚病、肥満、うつ、生殖異常の原因の可能性。
脳腫瘍、リンパ腫、白血病の可能性。

スクラロースはかなり危険度が高い食品添加物ですので、妊娠中は特に接種を控えましょう。

また、植物性乳酸菌ラブレLightは妊娠中でなくてもあまり飲まない方がよさそうです。

植物性乳酸菌ラブレLight1日分の鉄分」「植物性乳酸菌ラブレLightコラーゲン」にもスクラロースが使われています。
関連コンテンツ

LG21ドリンクタイプ低糖・低カロリー 妊娠中 危険

そもそも「LG21」とは、胃潰瘍や胃がんなどの危険因子の一つとされるピロリ菌に対して強い抗菌作用を持つ乳酸菌で、学名は、『Lactobacillus gasseri OLL2716』 LG21・・・

ヤクルトエース 妊娠中 危険 

ヤクルトと言えば、子供のころから飲んできた乳酸飲料ですが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 ヤクルトのホームページで「ヤクルトエース」の記載を調べてみました。 『甘さスッキリ大人・・・

ヤクルトカロリーハーフ 妊娠中 危険

ヤクルトと言えば、子供のころから飲んできた乳酸飲料ですが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 ヤクルトは近年、「甘すぎる」「こんな甘いものを毎日子供に飲ませていいのか」「カロリーが高すぎる・・・