赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキングのTOPに戻る


メッツコーラ 妊娠中 危険

キリンが販売している「メッツコーラ」は、初の特定保健用食品(トクホ)のコーラとして注目を集めました。

特定保健用食品というと体に良さそうなイメージがありますが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。

キリンのメッツコーラのホームページには、このような記載がありました。

特定保健用食品史上初のコーラ系飲料として2012年4月に発売以来大好評の「キリン メッツ コーラ」。

食事の際に脂肪の吸収を抑える難消化性デキストリンを配合。コーラならではの独特の香味をアップし、しっかりとした飲みごたえがありながらも、後ギレの良いおいしさをお届けしています。カロリーゼロで、コーラ系飲料らしい爽快感のある味わいをお楽しみください。

原材料名
難消化性デキストリン(食物繊維)、カラメル色素、香料、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L"フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、グルコン酸Ca、カフェイン』

コーラ全般にも言えることですが、「メッツコーラ」には危険な食品添加物が使われています。

メッツコーラトクホに使われている危険な食品添加物を紹介します。

難消化性デキストリン
たくさん飲むと下痢する可能性がある。

カラメル色素
着色料の一種です。
正式にはカラメル掘▲ラメル犬噺世い泙后
発がん性の疑いがあります。
リンパ球減少症を引き起こす可能性
免疫低下
突然変異、染色体異常の可能性

アスパルテーム
甘味料の一種です。
脳腫瘍を起こす可能性あり。
精子異常の危険性あり
胎児の脳の発達などに影響あり
失明、腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化、皮膚のポリープ、不眠症、うつ、知能低下、短期記憶の可能性あり
神経毒、目に奇形、骨格異常の可能性あり
肝臓、心臓、胃、副腎が肥大する内臓異常の可能性あり
リンパ腫や白血病リスクを増大させる可能性
太りやすくなる
生殖機能障害が起きる可能性
視野狭窄や目のかすみ、夜間の視野狭窄、両眼の痛み、涙の減少、眼球突出、耳鳴り、著しい聴力減退、てんかん発作、頭痛、偏頭痛、めまい、動揺、不安、混乱、物忘れ、ひどい眠気、手足の感覚麻痺、多動症、貧乏揺すり、異常な顔面痛、ひどい震え、いらいら、怒りっぽくなる、不安、不眠、恐怖症、胸、動悸、頻脈、息切れ、高血圧などの可能性。

アセスルファムK
甘味料の一種です。
自然界には存在しない化学合成物質で、脳腫瘍、白血病、肝機能障害、リンパ球減少、免疫低下の可能性あり。
アトピー、喘息、アレルギー、皮膚病、肥満、うつ、生殖異常を起こす可能性あり。
がん、吐き気、頭痛、肝疾患、腎疾患および精神的混乱を引き起こす可能性あり。

スクラロース
甘味料の一種です。
スクラロースは有機塩素化合物で、農薬やダイオキシンと同じです。
下痢、流産の可能性あり。
成長遅滞、赤血球減少、肝臓肥大・異常、卵巣収縮、甲状腺の衰え、脳肥大の影響。
アトピー、喘息、アレルギー、皮膚病、肥満、うつ、生殖異常の原因の可能性。
脳腫瘍、リンパ腫、白血病の可能性。

メッツコーラは妊娠中は飲まない方が良いでしょう。

トクホ」はお金を出せば、名称がつけられるとも言われています。よってあまり信用できません。