赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキングのTOPに戻る
「赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキング」トップ >  元気が出そうだけど・・・ > レッドブル・シュガーフリー 妊娠中 危険


レッドブル・シュガーフリー 妊娠中 危険

レッドブルは「疲れたときに飲むと元気が出る」イメージがありますが、妊娠中は飲んでも大丈夫なのでしょうか。

レッドブルのホームページから「レッドブル・シュガーフリー」の原材料を見てみると・・・

カフェイン
紅茶、コーヒー、カカオ豆やコーラナッツのような天然源からカフェインを摂取していた古代文明以来、カフェインは人体への刺激作用があることで知られていた。

現在でもなお、カフェインは60種類以上の植物に自然に存在し、コーヒー、紅茶、チョコレートなどの食品に含まれています。

レッドブル1缶には80mg のカフェインが含まれています。

250mlのレッドブル・エナジードリンクには、80mgのカフェインが含まれており、これは同量のコーヒーと値する。

アルギニン
アルギニンは、自然に人体に存在し、常食に含まれるアミノ酸。

アルギニンは、自然に人体に発生し、通常の食事に含まれるアミノ酸です。

アルギニンは、準必須アミノ酸です。

アルギニン生合成の速度は、枯渇または不十分な供給を補うことができないので、食事摂取が主要な供給源になります。

アルギニン摂取量の大半は、植物や動物に基づくアミノ酸から得られ、オートミール、乳製品、肉、魚介類、ナッツや種子に含まれています。

アルギニンは、人間の生理機能における多数の領域に関与しています。

ビタミンB群
ビタミンB群は、正常なカラダの機能を保つための必須微量栄養素

ビタミンには、脂溶性および水溶性の、2つの種類が存在します。

レッドブルには水溶性ビタミンが含まれています。水溶性ビタミンは脂溶性ビタミンほど体内に

蓄えられない代わりに、血漿を循環し、体内で使用されないものは出ていきます。水溶性ビタミンには、レッドブルにも含まれている、ナイアシンアミド(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6やビタミンB12などのビタミンB群が含まれています。

スクラロースとアセスルファムK」

スクラロースとアセスルファムKは、世界中で最も多く検査され、使用されている砂糖の代替成分の一種となっています。

スクラロースは、砂糖から作られ、砂糖のような味がするノンカロリー甘味料で、合成的に生成されています。飲料、焼き菓子、デザート、乳製品、缶詰の果物やシロップなどを含む、幅広い種類の製品で使用されています。

アセスルファムKはノンカロリー甘味料です。

チューインガム、乳製品、焼き菓子など、世界中で食品や飲料を含む1000以上の異なる製品に使用されています。

スクラロースとアセスルファムKは、両方とも優れた安全性プロファイルを持っていて、数多くの科学的研究が、これらの原料を甘味成分として使用することが安全であることを実証しています。

アルプスの湧水
オーストリアとスイスの間にある、レッドブルの生産拠点近くの湧水から汲まれた、新鮮で最高品質のアルプス水

当然、水はレッドブルの主要成分です。

レッドブルに使用される水は、オーストリアとスイスの間にある生産拠点の近くの湧水から汲まれた、新鮮で最高品質のアルプス水です。

このアルプスの地域は世界最大の淡水貯水池の一つとして知られ、水が豊富に提供され、常に補充されています。

したがって、レッドブルは世界中で最大限のプレミアム品質の一貫性を確保するために、オーストリアとスイスのアルプスで生産されています』と書かれています。

レッドブル・シュガーフリーは砂糖不使用で体に良さそうなイメージがありますが、危険な食品添加物・甘味料が使われています。

アセスルファムK
甘味料の一種です。
自然界には存在しない化学合成物質で、肝機能障害、リンパ球減少、免疫低下の可能性あり。
アトピー、喘息、アレルギー、皮膚病、肥満、うつ、生殖異常を起こす可能性あり。
がん、吐き気、頭痛、肝疾患、腎疾患および精神的混乱を引き起こす可能性あり。

スクラロース
甘味料の一種です。
スクラロースは有機塩素化合物で、農薬やダイオキシンと同じです。
下痢、流産の可能性あり。
成長遅滞、赤血球減少、肝臓肥大・異常、卵巣収縮、甲状腺の衰え、脳肥大の影響。
アトピー、喘息、アレルギー、皮膚病、肥満、うつ、生殖異常の原因の可能性。
脳腫瘍、リンパ腫、白血病の可能性

スクラロースとアセスルファムKは安全」と謳っていますが、両方とも危険度の高い甘味料です。

レッドブル・シュガーフリーは妊娠中は飲まない方が良いでしょう。
関連コンテンツ

グロンサン 妊娠中 危険

妊娠しても仕事を続ける女性が多いですが、仕事に疲れたときなどに飲む「栄養ドリンク」は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 「グロンサン」はライオンが販売している栄養ドリンクです。 ラ・・・

チョコラBBドリンク 妊娠中 危険 

妊娠しても仕事を続ける女性が多いですが、仕事に疲れたときなどに飲む「栄養ドリンク」は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 「チョコラBBドリンク」はエーザイが販売している栄養ドリンクです。 ・・・

チオビタドリンク 妊娠中 危険

妊娠しても仕事を続ける女性が多いですが、仕事に疲れたときなどに飲む「栄養ドリンク」は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 「チオビタドリンク」は大鵬薬品が販売している栄養ドリンクです。 ・・・

エスカップ 妊娠中 危険 

妊娠しても仕事を続ける女性が多いですが、仕事に疲れたときなどに飲む「栄養ドリンク」は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 「エスカップ」はエスエス製薬が販売している栄養ドリンクです。 ・・・

リポビタンD 妊娠中 危険

妊娠しても仕事を続ける女性が多いですが、仕事に疲れたときなどに飲む「栄養ドリンク」は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 リポビタンDは大正製薬の商品で、長く親しまれてきた商品で「タウリン1・・・

バーンエナジードリンク 妊娠中 危険 

バーンエナジードリンクは「疲れたときに飲むと元気が出る」イメージがありますが、妊娠中は飲んでも大丈夫なのでしょうか。 バーンエナジードリンクはコカコーラが出している商品で、コカコーラのホームペ・・・

モンスターエナジー 妊娠中 危険

モンスターエナジーは「疲れたときに飲むと元気が出る」イメージがありますが、妊娠中は飲んでも大丈夫なのでしょうか。 モンスターエナジーとは、2002年にハンセン・ナチュラル社から発売された栄養飲・・・