赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキングのTOPに戻る


コンビニパン 妊娠中 危険 

コンビニのパンは妊娠中に食べても大丈夫なのでしょうか。

コンビニのパンにはたくさんの食品添加物が使われています。

コンビニのパンに使われている危険な食品添加物を紹介します。

商品の原材料名を確認してみてください。

※パンの中身によって変わります。また、表示されていないこともあります。

ε−ポリリジン
イプロシン−ポリリジンと読みます。
保存料の一種です。
肝機能低下、白血球減少の可能性があります。

プロピオン酸
保存料の一種です。
保存料は細菌やカビの増殖を防ぐ働きがあるため、人体にも悪影響があります。

プロピオン酸Na
保存料の一種で、急性毒性は中程度。
人体に悪影響があり。

プロピオン酸Ca
保存料の一種で、人体に悪影響あり。

デヒドロ酢酸Na
保存料の一種で、嘔吐、運動失調、けいれん、骨格異常の可能性あり。

スクラロース
甘味料の一種です。
スクラロースは有機塩素化合物で、農薬やダイオキシンと同じです。
下痢、流産の可能性あり。
成長遅滞、赤血球減少、肝臓肥大・異常、卵巣収縮、甲状腺の衰え、脳肥大の影響。
アトピー、喘息、アレルギー、皮膚病、肥満、うつ、生殖異常の原因の可能性。
脳腫瘍、リンパ腫、白血病の可能性

赤色3号
赤色を出す発色剤です。
赤血球の減少、ヘモグロビン値の低下の可能性があり、骨髄での赤血球の生産を妨げる可能性があります。
発がん性の疑いもあります。

赤色102号
赤色を出す着色料です。
赤血球の減少、ヘモグロビン値の低下、食欲減退、じんましんの可能性あり。

赤色106号
赤色を出す着色料です。
染色体異常、発がん性の可能性あり。
日本以外の国では使用を禁止されている国が多いです。

カラメル色素
着色料の一種です。
正式にはカラメル掘▲ラメル犬噺世い泙后
発がん性の疑いがあります。

亜硝酸Na
発色剤の一種で、毒性が非常に強く、青酸カリと致死量がさほど変わりません。
また、亜硝酸Naは肉、魚、魚卵に含まれるアミンと反応してニトロソアミン類という発がん性物質に変化する可能性があります。
ニトロソアミン類は胃の中で発生しやすいようです。
確認されている発がん性物質は10種類以上あります。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
酸化防止剤の一種です。
発がん性の可能性があります。

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
酸化防止剤の一種です。
発がん性、奇形の可能性があります。

没食子酸プロピル
酸化防止剤の一種です。
DNAの修復力低下、細胞のがん化の可能性あり。

亜硫酸Na
亜硫酸塩と記載されていることもあります。
漂白剤の一種です。
胃腸に刺激、嘔吐の可能性あり。
神経炎や骨髄萎縮の可能性あり。

ピロ亜硫酸Na
亜硫酸塩と記載されていることもあります。
漂白剤の一種です
成長の妨げ、下痢の可能性あり。

ピロ亜硫酸K
亜硫酸塩と記載されていることもあります。
漂白剤の一種です
成長の妨げ、下痢の可能性あり。

次亜硫酸Na
亜硫酸塩と記載されていることもあります。
漂白剤の一種です
成長の妨げ、下痢の可能性あり。

二酸化硫黄
亜硫酸塩と記載されていることもあります。
漂白剤の一種です
肝臓に悪影響の可能性あり。

安息香酸
安息香酸は保存料の一種で、ビタミンCと反応すると白血病を起こすことが確認されている
ベンゼン」という物質に変化することがあり、危険です。
細胞の突然変異、発がん性の可能性あり。
喘息やじんましんの可能性あり。
また、けいれんの原因にもなる可能性があります。

安息香酸Na
安息香酸と同じく保存料の一種で、ビタミンCと反応してベンゼンに変化することがあります。
細胞の突然変異、発がん性の可能性あり。
喘息やじんましんの可能性あり。
また、けいれんの原因にもなる可能性があります。

デヒドロ酢酸Na
保存料の一種で、嘔吐、運動失調、けいれん、骨格異常の可能性あり。

トランス脂肪酸
マーガリンにはトランス脂肪酸が使われています。

トランス脂肪酸は心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、肥満を発症させやすく、アレルギー疾患を増加させ、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性があります。

また、善玉コレステロールを減少させて悪玉コレステロールを増加させるなど、人間の健康に悪影響を与えると言われています。

母乳を通じた乳児へのトランス脂肪酸の移行が研究等で確認されています。

WHO(世界保健機関)も2003年に、心臓血管系の健康増進のため、食事からのトランス脂肪酸の摂取を極めて低く抑えるべきであり、最大での一日当たりの総エネルギー摂取量の1%未満とすることを勧告しています。

トランス脂肪酸はショートニングなどにも使われています。

マーガリンは虫も食べない」「食べるプラスチック」とも言われています。

妊娠中は、コンビニのパンは食べない方が良いでしょう。

また、コンビニのパンは砂糖が大量に使われているものも多く、妊娠していなくても砂糖の取り過ぎは体によくないです。

また、小麦は体を冷やす作用がありますので、特に妊娠中の方はパンを食べるのは控えた方がよいでしょう。

子供にもあまり食べさせない方が良さそうです。

「コンビニのパンは美味しい」と覚えてしまうと危険です。
関連コンテンツ

クリニカキッズ 危険性

クリニカキッズは子供に使わせて大丈夫なのでしょうか。 そもそも歯磨き粉は化学物質が多く使われており、中には危険な化学物質も使われていることが多いです。 乳児や幼児が使う製品には、企業もあ・・・

ケーキ 妊娠中 危険 

ケーキが好きな女性は多いと思いますが、妊娠中にケーキを食べても良いのでしょうか。 手作りのケーキならまだ良いですが、市販のケーキには食品添加物が使われています。 市販のケーキに使われてい・・・

ビーズ 赤ちゃん 危険 

洗濯洗剤には毒性の強い合成界面活性剤が使われていて、赤ちゃんのアトピー、アレルギー、奇形の原因とも言われています。 ビーズには「ポリオキシエチレンアルキルエーテル」という、毒性の強い合成界面活・・・

パン 妊娠中 危険

日本人に広く食べられているパンですが、妊娠中はパンを食べても大丈夫なのでしょうか。 パン自体に毒性がなくても、市販のパンには食品添加物が使われています。 市販のパンに使われている危険な・・・

コンビニおにぎり 妊娠中 危険 

コンビニおにぎりはいかにも体に悪そうですが、妊娠中は食べても大丈夫なのでしょうか。 コンビニおにぎりにはたくさんの食品添加物が使われています。 コンビニおにぎりに使われている危険な食品・・・

チーズ 妊娠中 危険

チーズは妊娠中に食べても大丈夫なのでしょうか。 市販のチーズにも食品添加物が使われています。 市販のチーズに使われている危険な食品添加物を紹介します。 商品の裏の原材料名を確認・・・

コンビニ弁当 妊娠中 危険 

コンビニ弁当にはたくさんの食品添加物が使われています。 コンビニ弁当に使われている危険な食品添加物を紹介します。 商品の原材料名を確認してみてください。 ※お弁当の中身によって・・・

洗濯洗剤部屋干しOK! 赤ちゃん 危険

赤ちゃん用洗濯洗剤にも毒性の強い合成界面活性剤が使われていて、アトピー、アレルギー、奇形の原因とも言われています。 イヤなニオイを抑える洗濯洗剤部屋干しOK!には「ポリオキシエチレンアルキルエ・・・

炭酸飲料 妊娠中 危険

炭酸飲料はいかにも体に悪そうですが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 炭酸飲料にはたくさんの食品添加物が使われています。 炭酸飲料に使われている危険な食品添加物を紹介します。 ・・・

清涼飲料水 妊娠中 危険

暑い季節などは特に清涼飲料水を飲みたくなる方も多いと思いますが、妊娠中に清涼飲料水を飲んでいいのでしょうか。 多くの清涼飲料水に含まれる食品添加物で、危険性が高い成分をご紹介します。 ・・・