赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキングのTOPに戻る


バイオイル 妊娠中 危険

妊娠中にバイオイルは使っても大丈夫でしょうか。

バイオイルにはこのように書いてあります。

バイオイル」は肌角質層深部にスッと浸透する美容保湿オイル。

完治したキズあとや、ニキビあと、ストレッチマークなど、肌に残ってしまったあとを保湿ケアする化粧品です。

その優れた保湿効果で完治したキズあとを柔軟にしてきれいに見せる

乾燥による小じわを目立たなくする
産前産後のスキンケアやボディケア

にも使える商品として、世界の多くの女性たちから人気を集めているロングセラー品です。

成分
ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー油、ローマカミツレ花油、ビサボロール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ヒマワリ種子油、BHT、香料、赤225となっています。

バイオイルの危険な成分をご紹介します。

パルミチン酸レチノール
ビタミンA効果
皮膚がヒリヒリし、赤くなりむけていきます。
シミになりやすいです。
紫外線を防ぐ力が下がります。
ショックなどの重症なアレルギーを起こすことがあります。
動物実験で催奇形性(妊娠中の女性が薬物を服用したときに胎児に奇形が起こる危険性のこと)が報告されています。
変異原性(生物の遺伝情報、DNAあるいは染色体に変化をひき起こす作用)もあります。

BHT
酸化防止剤
皮膚炎や過敏症を起こします。
飲み下すと血清コレステロール上昇、異常行動を起こします。
変異原性(生物の遺伝情報、DNAあるいは染色体に変化をひき起こす作用)があります。
動物実験において体重低下や脱毛が報告され、発ガン性が疑われます。
食品業界で自主的に使わないことにしています。

となっています。

バイオイルは妊娠中に限らず使わない方がよさそうです。

このサイトでも紹介している通り、「国が認めた成分だから安全」とは限りません。

諸外国では使用を禁止されている成分が日本では堂々と使われていることが多くあります。

商品を1回使ったくらいでは症状は現れませんが、長年使い続けることで体内に蓄積されていきます。

日本は奇形の赤ちゃんが世界でトップクラスに多い国で、その原因はこうした化学物質、合成界面活性剤、食品添加物、農薬とも言われています。

これら危険な化学物質は分子がとても小さく、人間の口や肌から体内に浸透していきます。

そして、浸透した化学物質は女性だと子宮にたまると言われています。

子宮内に危険な化学物質がたまってしまうと排泄をすることが難しく、子宮の中が赤ちゃんにとって危険な環境になってしまい、その中で育つ赤ちゃんに当然悪影響を与えます。

子宮の中に多量の化学物質がたまっていたお母さんから生まれた赤ちゃんはアトピーの確率が高いそうです。

こうした危険な化学物質は長年かけて子宮に蓄積されていくため、妊娠してから使用を辞めてもあまり効果がありません。

普段から危険な化学物質を使用した商品を使わないことや、子宮にたまった化学物質をデトックスして出すことが必要です。
関連コンテンツ

ドントストップマッサージオイル 妊娠中 危険

妊娠中にドントストップマッサージオイルを使っても大丈夫でしょうか。 ドントストップマッサージオイルにはこのように書いてあります。 ベリー甘い香りとビャクダンをブレンドしたうっとりするような・・・

サボンボディスクラブデリケートジャスミン 妊娠中 危険

妊娠中にサボンボディスクラブデリケートジャスミンを使っても大丈夫でしょうか。 サボンボディスクラブデリケートジャスミンにはこのように書いてあります。 世界中のSABONファンに愛されて・・・

メルヴィータロゼエクストラブリリアントボディオイル 妊娠中 危険

妊娠中にメルヴィータロゼエクストラブリリアントボディオイルを使っても大丈夫でしょうか。 メルヴィータロゼエクストラブリリアントボディオイルにはこのように書いてあります。 豊かな香りのマ・・・

ザーネスキンミルク 妊娠中 危険

妊娠中にザーネスキンミルクを使っても大丈夫でしょうか。 ザーネスキンミルクにはこのように書いてあります。 カサつく肌をすべすべに全身しっとり乳液。 有効成分の天然型ビタミンEと・・・

100%ピュアオーガニックアルガンオイル 妊娠中 危険

妊娠中に100%ピュアオーガニックアルガンオイルを使っても大丈夫でしょうか。 100%ピュアオーガニックアルガンオイルにはこのように書いてあります。 肌が本来もっているうるおいのヴェー・・・

クラランスボディオイルアンティオー 妊娠中 危険

妊娠中にクラランスボディオイルアンティオーを使っても大丈夫でしょうか。 クラランスボディオイルアンティオーにはこのように書いてあります。 天然純植物エキスによるボディオイル。 ・・・

エルバビーバストレッチマークオイル 妊娠中 危険

妊娠中にエルバビーバストレッチマークオイルを使っても大丈夫でしょうか。 エルバビーバストレッチマークオイルにはこのように書いてあります。 オーガニックローズとキャロットシードを配合した・・・

シゲタブロッサム 妊娠中 危険

妊娠中にシゲタブロッサムを使っても大丈夫でしょうか。 シゲタブロッサムにはこのように書いてあります。 2人の距離を近づけるオーガニックボディーオイル。 手の温かさを通してパートナ・・・

ヴェレダホワイトバーチセルライトオイル 妊娠中 危険

妊娠中にヴェレダホワイトバーチセルライトオイルを使っても大丈夫でしょうか。 ヴェレダホワイトバーチセルライトオイルにはこのように書いてあります。 WELEDAのホワイトバーチ セルライ・・・

ヴェレダざくろオイル 妊娠中 危険

妊娠中にヴェレダざくろオイルを使っても大丈夫でしょうか。 ヴェレダざくろオイルにはこのように書いてあります。 女性らしい香調高い香りで、上質な肌へ導く全身用トリートメントオイル。 ・・・

セレブズエキストラヴァージンココナッツオイル 妊娠中 危険

妊娠中にセレブズエキストラヴァージンココナッツオイルを使っても大丈夫でしょうか。 セレブズエキストラヴァージンココナッツオイルにはこのように書いてあります。 ココナッツの身を割って、胚・・・

オーツークラフト 妊娠中 危険

妊娠中にオーツ―クラフトを使っても大丈夫でしょうか。 オーツークラフトにはこのように書かれています。 浸透した酸素は酸素不足で凝り固まった筋肉に到達し、乳酸を分解します。 乳酸が・・・

ヴェレダマザーズボディオイル 妊娠中 危険

妊娠中にヴェレダマザーズボディオイルを使っても大丈夫でしょうか。 ヴェレダマザーズボディオイルにはこのように書いてあります。 産前・産後におすすめのオイル。 高品質のアーモンド・・・

ヴェレダホワイトバーチボディオイル 妊娠中 危険

妊娠中にヴェレダホワイトバーチボディオイルを使っても大丈夫でしょうか。 ヴェレダホワイトバーチボディオイルにはこのように書いてあります。 ヒップや太もも・二の腕まわりの肌のざらつきをケ・・・

ココウィルココナッツオイル 妊娠中 危険

妊娠中にココウィルココナッツオイルを使っても大丈夫でしょうか。 ココウィルココナッツオイルにはこのように書かれています。 南国フィリピンの灼熱の太陽を浴びながら、徹底した管理下でしっか・・・

ボディショップラディアントオイルAO 妊娠中 危険

妊娠中にボディショップラディアントオイルAO(ワイルドアルガンオイル)を使っても大丈夫でしょうか。 ボディショップラディアントオイルAOにはこのように書いてあります。 モロッコよりコミ・・・

ナチュラルオーケストラオーガニックホホバオイル 妊娠中 危険

妊娠中にナチュラルオーケストラオーガニックホホバオイルを使っても大丈夫でしょうか。 ナチュラルオーケストラオーガニックホホバオイルにはこのように書いてあります。 金色は最高級の証。 ・・・

ニュクスプロディジューフォーユー 妊娠中 危険

妊娠中にニュクスプロディジューフォーユーを使っても大丈夫でしょうか。 ニュクスプロディジューフォーユーにはこのように書いてあります。 ニュクスのオーナー、アリザ・ジャベスのこんなひと言・・・

ママバターフェイス&ボディオイル 妊娠中 危険

妊娠中にママバターフェイス&ボディオイルを使って大丈夫でしょうか。 ママバターフェイス&ボディオイルにはこのように書いてあります。 天然シアバターのオイルで全身しっとりツヤ肌へ。赤ちゃ・・・

キュレルクリーム 妊娠中 危険

妊娠中にキュレルクリームを使っても大丈夫でしょうか。 キュレルクリームにはこのように書いてあります。 潤い成分(潤浸保湿セラミド機能成分・ユーカリエキス)が、角層の深部まで浸透。外部刺激・・・