赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキングのTOPに戻る
「赤ちゃん 妊娠中 危険度ランキング」トップ > 妊娠中に注意をしてほしいこと

妊娠中に注意をしてほしいこと

納豆、豆腐、ひよこ豆、小豆、レンズ豆などの豆類は消化に良い繊維が多く、たんぱく質が豊富な食品です。 そして鉄分なども含まれています。 鉄分は、母体と赤ちゃんの身体に酸素を運ぶ赤血球を作る時・・・
生野菜は、ビタミンや食物繊維が摂取できて胎児の成長や妊娠中の便秘解消などに効果があります。 しかし生野菜を食べる時には注意が必要で、それは生野菜にはトキソプラズマ菌が付着している可能性があること・・・
ひじきにはヒ素が含まれているため、妊娠中は控えたほうが良い食材と言われています。 しかし、これまでひじきのヒ素が原因で胎児に病気や障害が認められた事例は報告されていないので、調理法を間違えなけれ・・・
妊娠したら飲酒をしてはいけないというのはよく言われています。 それは、妊婦さんが飲酒すると胎児にも同じようにアルコールが運ばれるためです。 胎児も肝臓でアルコールを分解しますが、肝臓の機能・・・
加熱殺菌していないナチュラルチーズにはステリアという菌が含まれています。 妊婦さんがリステリア菌に感染すると胎児にも感染する可能性があり、流産や早産、新生児の髄膜炎や敗血症などの原因になることが・・・
食物連鎖の上位に位置する魚の中には水銀を多く含んでいるものがあり、妊娠中の方が食べると赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。 妊娠すると普段より免疫力が下がるので、生魚を食べることで食中毒や・・・
卵の殻にはサルモネラ菌が付着している場合があります。 サルモネラ菌に感染すると嘔吐、下痢、発熱を引き起こします。 特に下痢になると、子宮を収縮させてしまい、それが原因で流産に至る危険性があ・・・
妊娠中に生肉を食べるとトキソプラズマに感染する可能性があります。 トキソプラズマは寄生虫の一種で、人への感染ルートは牛、豚、馬、鶏、羊などの肉をレアの状態で食べることです。 生ハムやレバ刺・・・
もともと女性は便秘になりやすいですが、妊娠により今まで便秘にならなかった人も便秘になりやすくなります。 女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加するためです。 このホルモンは、摂・・・
妊婦さんはホルモンや自律神経のバランスが乱れやすいため、免疫が下がりやすくなります。 そのため、細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まり風邪を引きやすくなります。 風邪を引くと進行が早く悪化し・・・
カフェインは流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられています。 カフェインを摂取すると、胎盤を通じて赤ちゃんに同じ濃度のカフェインが流れていきます。 赤ちゃんにとっては大変な量であり・・・
妊娠中、突然下腹部の痛みや引っ張られるような感覚など、お腹に違和感がでることがあります。 妊娠初期にみられることが多いですが、中期から後期に張りが出てくる人もいます。 場合によっては痛みも・・・
赤ちゃんや妊娠中のママに役立つ情報、商品、サービスをお持ちの企業様の情報を掲載させていただきます。 当サイトは、妊娠中や、小さい赤ちゃんがいるお父さん、お母さんが、毎月約10000人見ているサイ・・・
赤ちゃん、胎児、妊娠中の悩み、新生児、アトピー、ぜんそく、アレルギー、子供の悩み、ママの悩み、食品、日用品、教材、自然素材の家、住宅、壁紙、子育て、胎教、英会話、名づけ、除菌などに関して、当サイトのサ・・・

カテゴリー「妊娠中に注意をしてほしいこと」のトップへ↑